8月のブッダボウル

・とうもろこしと大葉のかき揚げ

・ゴーヤのソテー 

バルサミコソース

・人参の冷製ポタージュ

・ラタトゥイユ

・ピクルス

・サラダ

・福井のコシヒカリ(玄米)


まだまだジメジメとした暑い日が続いています。でも、もうすぐ梅雨も明け、暑い夏がやってきます。そんな暑い夏に負けない体を作るために太陽の日差しをたっぷりと浴びた夏の野菜メニュー。大葉が良いアクセントになっているとうもろこし。ワタと種の食感も楽しいゴーヤ。人参と玉ねぎにじっくり火を入れて、旨味を引き出したポタージュ。味付けは塩、胡椒のみ。野菜の旨味を凝縮させたラタトゥイユ。是非、夏を味わってください!
ゴーヤは好き嫌いがあるかもしれませんが栄養価はピカ一です、特にワタ、種子は果肉部分よりビタミンは豊富。まるごと摂りましょう(笑)
食欲が無くなりがちな夏!夏の恵みを美味しく摂って、体の中から美しく、そして健康に!コロナにも夏の暑さにも負けない体を作りましょう!

★トウモロコシ野菜の中でも高エネルギーのとうもろこしは糖質、ビタミンB1、B2カリウムを多く含む。特に食物繊維が多く、整腸作用に優れている。後、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸によって疲労回復効果、体内で合成されない色素成分であるルティンも含み、目の健康にも役立つ。
★ゴーヤ夏に食べるべき野菜ゴーヤビタミンCが豊富で日焼けによるシミ、そばかす予防に効果あり。苦み成分である「モモルデシン」などは胃腸を刺激して、消化液の分泌を促したり、粘膜の状態を整える働きがあり、食欲増進、夏バテ防止、食あたり予防、疲労回復に役立ちます。そして、ゴーヤのワタには果肉の1.7倍のビタミンCが含まれていて、種子には肝臓についた脂肪燃焼に効果があるといわれる、共役リノレン酸が含まれています。
★人参いわずとも知れたβ-カロテン含有量が豊富な野菜。体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、視力維持、がんの予防、免疫力強化、アンチエイジングなど効果がある。

関連記事一覧