紅法師

縁あって永平寺で無農薬、露地栽培を行なっている「みくるまファーム」さんと知り合い、たまに野菜を分けてもらう様になりました。

その中の一つがこの紅法師という水菜。鮮やかな紫色の茎が特徴。これが入るだけでサラダの彩がとても良くなる。これが無いと物足りなくなってきた今日この頃です。

紅法師の特徴的な赤紫色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンです。通常の水菜と比較すると含有量は5倍以上。アントシアニンとは、ポリフェノールの中の活性酸素を抑える抗酸化性を持つ成分。ワインやブルーベリーなどに豊富に含まれている事で有名。目の健康に効果が期待されているそうです。

見た目だけでは無いこの水菜。

美味しく食べて

身体の中から綺麗に健康になりましょう。

関連記事一覧